コラム

美容師免許を【取得する前】・【取得した後】・【取得できなかった時】

目次

美容師免許は国家資格です。美容師に関しての法律が存在します。
その為、専門の学校を卒業して資格を取る必要があります。

今回は、美容師免許を
【取得する前】・【取得した後】・【取得できなかった時】
について簡単にご説明していきたいと思います。

・美容師免許を【取得する前】

美容師の資格を取る前には、専門学校に通う必要があります。

以前のコラムにもありますが、全日制で2年・通信制で3年。
それを卒業して初めて、美容師の資格を取るための試験を受ける事ができます。

全日制では、一般の専門学校同様に毎日学校に通い、美容の勉強をしていきます。

通信制は、働きながらスクーリングなどを行いながら3年で卒業するシステムです。
費用的には安く設定されています。しかし、意志の強さや、自己管理をしっかり行っていかなければ、途中で挫折してしまう事や、卒業できないなんて事もあります。

  • ・自分には、どちらが合っているのか?
  • ・費用的な面では、どうなのか?

それらを考えた上で、学校を決めていった方が良いと思います。

そして、自分に合った学校で大変ながらも、楽しく、しっかり学んで美容師免許を目指していきましょう。

e12a4742a58481e0d8f1dbbfc9e8be4a_s

・美容師免許を【取得した後】

美容師免許を取得した後は、多くの方が美容関係、美容室などで働きスタイリストを目指していくことになると思います。

これは、一般的な場合です。

例えば、美容師免許を取得した後、何かの都合で、美容師以外の仕事に就いたり、仕事をしなかったり。
美容師ではない人生をしばらく送った方。
そんな方は美容師と言えるでしょうか?

そのような方…「もちろん、美容師免許を持っているので美容師さんです!」

でも、例えば美容師として美容室で働きたいと思った時。
これは、お店側にしっかり話をしなければいけません。

免許はあるが、実績が無いことをちゃんと伝えましょう。
お店によっては、即戦力を探している。との理由で断られることもあるかもしれませんが、すべてのお店がそうではないです。

まずは、正直な現状を伝えることが大切です。

0b96bef8caadb7d97eb01d1adb9eef06_s

・美容師免許を【取得できなかった】

美容師免許を取得するには、もちろん国家試験を受けなければいけません。
試験というものには必ず、【合格】と【不合格】があります。
どんな試験にも、悲しいですが【不合格】はあります。
もちろん美容師免許にも…

試験前に、美容室に就活をしていて、就職が決まっている。
内定をもらった。という方が、もし【不合格】となった場合。
就職内定はどうなるのでしょうか?

これは、お店・会社によって対応は様々だと思います。
美容師免許を持っていないという事は、アシスタントとして接客をする事が難しく、医薬部外品(カラー剤など)を取り扱いできません。
それにより、場合によっては内定を取り消される事があるかもしれません。

逆にそのまま採用し、次の試験に備えてもらう。という、当店のようなお店も少なからずあります。

美容室は、スタイリスト・アシスタントがお客さんに行う施術だけが仕事ではありませんので。

次の試験の合格に向けて、地味な仕事と感じるかもしれませんがまずは合格を目指して、できる範囲の仕事を行ってもらいます。

何事も、1発合格!1発就職!が、スムーズなのかもしれませんが、全員がそうとは限りません。

自分に合った就職先を探す事が大事だと思います。
でも、試験の合格は1発に越したものはありませんね!笑

その為にも、学校ではしっかり学んでいきましょう!!

【参考URL】

https://www.ash-hair.jp/recruit/staff