コラム

どうやったらいい?今、人気の外国人風ヘアカラーやヘアスタイル!

目次

外国人の、透明感あるヘアスタイル。憧れますよね。
今はSNS等でもよく見かける【外国人風ヘアカラー】。
そんな、外国人風ヘアカラーをどうやって手に入れるのか?
今回は、外国人ヘアカラー、ヘアスタイルについて簡単にご説明します。

どんなカラーが外国人風ヘアカラー?

よく言われている外国人風カラーを簡単に説明すると、日本人の黒髪(脱色をすると赤系、オレンジ系)とは反対の、白人の人達の様なマット系、ベージュ系、緑、黄、青味のあるカラーの事です。

外国人風ヘアスタイルとは?

カラーリングだけ外国人風になっても、ダメージが強く出てしまい
パサパサの髪では、残念な感じに見えてしまいます。
また、せっかくの素敵なカラーを活かすためにもエアリー感や毛束感が出るように
スタイリングする事で、こなれた透け感のある外国人風のヘアスタイルになっていきます。

黒染めが必要な時は、まず美容室で相談を…

ヘアカラーなどを美容室でお願いする際、「黒染めはされてませんか?」と
聞かれた事はありませんか?

最初の方でもご説明した通り、外国人風ヘアカラーは日本人の髪質とは
真逆の色です。黒染めはブリーチをしても、赤やオレンジがやや残ってしまいます。
ヘアカラーをしていきたいとお考えのお客様で、面接等で髪の明るさに規定がある。
などの方もいらっしゃいます。

そんな時は、美容室でカウンセリングの際に「一時的に暗めにしたい」など
相談されてみてください。

黒染めではない方法を美容師が提案してくれると思います。
黒染めをして、ブリーチをして…等していると、やはり髪へのダメージが
大きくなってしまいます。また、赤系の色が残ってしまうとお客様が
イメージされている色を綺麗に、再現できなくなるかもしれません。

美容師も、そんな事はしたくありません。
なので、一度美容師に問い合わせてみてくださいね。

ブリーチ無しでも、外国人風ヘアカラーにできるのか?

お客様が、どのようなカラーを望まれているかで大きく違ってきますが、
ブリーチをしなくてもできる明るさや、質感はもちろんありますのでカウンセリングの際に
相談いただければ良いと思います。

現在は、N.カラーという発色のとても良いカラー剤もありますので
お好みのカラーがあれば、まずはご相談ください。

明るい髪や、ブリーチの後にカラーをする時の、色持ちは?ダメージは?

ブリーチを施行した後のカラーや、現在すでに明るい髪の方が
カラーをする場合、何もしていない方に比べると発色が良い事がほとんどです。
しかし、元の色が明るい分、色持ちは少し悪くなってしまいます。

髪へのダメージとしては、元々の髪の状態やカラー剤の種類も
たくさんある為、一概には言えませんが
例えば、先ほどご紹介した
N.カラーは、オーガニックで、トリートメントとしてシアバターも配合されていますので
仕上がりの質感が、いつもと違って良い。と言われるお客様もいらっしゃいます。

また、発色が良いので色持ちも少し良いかもしれません。
お客様の、ご希望の色やお店によって使用するカラー剤も変わりますので
ご希望や質問は美容師に伝えていただければ、すぐに答えてくれると思います。

美容室で希望のヘアカラーをゲットしたら…

自宅では、自宅でできるケア(保湿オイル等)や
自分で簡単にできるヘアスタイルで、外国人風のヘアカラーを楽しみましょう!
美容室で、カラーと髪質に合ったオイルやトリートメントを尋ねてみるのも
良いと思いますし、仕上げの時に尋ねれば美容師が
髪の巻き方やまとめ方も簡単な方法を、レクチャーしてくれると思います。

いかがでしょうか?
人気の外国人ヘアカラーですが、現在の髪のコンディションや
希望の色などで、色々と違ってきます。
イメージする画像や雑誌を持参して、相談してみてくださいね!